建設業経理事務士













ようこそ、建設業経理資格に興味のある皆さん。

このサイトは私が、むか~しに独学合格した建設業経理士出題パターンと解き方 過去問題集&テキストを使い1級、2級、3級に独学合格した内容をもとにした建設業経理士応援情報サイトです。

当たり前ですが、このサイト見ただけでは合格はできませんww

独学勉強には良書だと思います。パタ解き購入前の内容確認や事前簿記知識習得にお使いください。

皆さんの建設業経理士合格を心からお祈り申し上げます。

(-人-)ミナサンガゴウカクシマスヨウニ

 

簿記上の取引とは

簿記(帳簿記入の略)は仕訳のカタマリです。

その仕訳をするには取引が発生しなければいけません。

取引がないのに仕訳したいからといって勝手に仕訳をすると怒られてしまうでしょうww

仕訳の勉強の前に簿記上の取引を理解しましょう。

簿記上の取引とは会社の資産・負債・資本を増減させる事象をいいます。

3級の学習では会社のお金が1円でも増減すれば簿記上の取引と思ってください。

なので、得意先と商談したのみだったり、契約を結んだりする行為はまだ、財産(おぜに)が動いてないので簿記上では取引とは言えないのです。

ただし、商談に向かうためにかかったタクシー代、電車代等の支出したお金は増減しているので、簿記上の取引として仕訳の対象となります。

変わり種と言えば、ドロボウに入られてお金を盗まれたら、財産(おぜに)が動いているので、立派な取引となります。

 

仕訳とは

仕訳とは、商売で発生した取引を複式簿記により原因と結果という2面性に分解し、左方を借方、右方を貸方として決められた勘定科目を使用し分類する手続きを言います。

ファンタジー漫画のように何かを失うから何かを得る、何かが増えれば何かが減るというような等価交換みたいな考え方をします。

たとえば

商品仕入300円(費用)したら、現金300円(資産)減った

商品売った500円(売上)ら、現金500円(資産)増えた

というように事象(取引)を2面性(原因と結果)に分類する方法です。

 

等価交換なので借方と貸方の金額は必ず一致します。

仮に、勘定科目をいっぱい使った仕分けだったとしても、借方の合計金額と、貸方の合計金額は必ず一致します。

仕訳の例

例1

材料を300万円分現金で購入した。(現金(資産)が減った分、材料(資産)が増えた)

借方           貸方
材料 300万円     現金 300万円

 

例2

現金と掛けで売上を500万円上げた。(売上(収益)が増えた結果、現金と売掛金(共に資産)が増えた)

借方         貸方
現金 300万円     売上 500万円
売掛金200万円

 

 

という借方、貸方に分解した仕訳を必要な帳簿(仕訳帳、元帳等の経営管理に必要な帳簿)に記載する(これを転記という)ことになります。

 

(2つに分解するから複式簿記です)簿記は仕訳が命です。

 

人形の顔よりも命かもしれませんww

 

簿記は仕訳に始まり、仕訳に終わります。

 

仕訳のルールと勘定科目を早く覚えるのが資格取得の鍵になります。

(そんなに難しくありません。テキストを確認しましょう)

 

慣れてくれば頭の中でパパッと仕訳ができるようになります。(ホントです)

 

簿記の最終目的の損益計算書や貸借対照表などの財務諸表作成は毎日の簿記仕訳の積み重ねで作られているのです。

転記とは

転記とは、借方、貸方に分解した仕訳を必要な帳簿(仕訳帳、元帳等の経営管理に必要な帳簿)に記載する(これを転記という)ことになります。

カンタンに言ってしまえば仕訳した取引の記載事項を他の帳簿に書き写すことになりますね。

転記する対象の帳簿は総勘定元帳、補助簿(商品有高帳、売掛金元帳、買掛金元帳)、補助記入帳(仕入帳、現金出納帳など)会社の経営管理状況によって変わってきます。

 

建設業簿記の特徴

何度も述べますが巷には商売がいろいろあります。

 

大まかに会計を商売という区分で分類すると3つに分類されます。

 

会計の商売による分類

商品売買業(会計)

商品を購入して、売る商売に適した会計

 

製造業(会計)

材料等を購入製造し、製品にして売る商売に適した会計

 

建設業(会計)

工作物を建てる事を請負う商売に適した会計

 

 

このブログで扱うのは、もちろん建設業会計です!

 

建設業は商品売買や製造業とはちょっと違っています。

 

違っているから建設業経理士、建設業経理事務士という新しい資格ができたのでしょう。

(天下り役人も大喜びです)

 

大まかな違いとして

①売上高の計上方法(工事完成基準・工事進行基準)

工事完成基準

工事が完成したときに工事売上高を計上する方法です。

工事売上高にかかる費用は、工事売上高計上まで財産(資産)として計上しておきます。

 

工事進行基準

工事の進捗度合いに基づいて工事売上高を計上する方法です。

工事売上高に対応する費用は、工事売上高計上とともにその期に費用計上します。。

 

②完成工事原価の計算方法とその表記(完成工事原価報告書)

製造業簿記では原価報告書に期首・期末材料棚卸高や期首・期末仕掛品棚卸高が記載されています。

建設業経理では工事原価報告書には棚卸高の表記はありません。

製造業簿記より簡素化されていますが、この辺りをしっかり頭に入れておかないと、2級クラスの問題を解けなくなります。

③建設業簿記会計独特の勘定科目の使用

売 上→完成工事高

売掛金→完成工事未収入金

他(テキストで確認してね)

がおおまかな違いです。

 

特に日商簿記の製造業会計を勉強した方は理解するまで頭から煙が出るかもしれません。消火器を用意しておきましょう。

なんとかこの違いを押えましょう。 合格がグッと近づきます。

詳細についてはパタ解きのテキストで確認しよう!

 

建設業経理士,建設業経理事務士









建設業経理士3級独学おススメテキストと勉強方法(学校)

建設業経理事務士3級に挑戦する勇者に最適なおススメ勉強方法を選んでみました。

建設業経理士資格取得おススメテキストと勉強方法(学校)です。

 

独学を選択した勇者はこちら

建設業経理事務士3級出題パターンと解き方 過去問題集&テキスト

独学おすすめな人は他の簿記資格を持っている方です。

 

日商簿記1級2級を持っている方なら赤子の手をひねるよりかんたんでしょう。(死語)

(注 私は赤子の手をひねったことはありませんww)

 

日商簿記3級資格を所持しているのならちょっと頑張ればこのテキスト1冊で自宅独学でも合格できるでしょう。

(だけど勉強ちゃんとやりましょう)

 

私はこのパタ解きテキストで1級、2級、3級資格を取りました。

 

売り切れているときも多いですが、この本は9年ほどの建設業経理事務士検定の過去問題解説もついている建設業経理事務士テキストです。

 

どんな資格試験でもいえることですが過去問題攻略が合格への一番の近道です。

 

特に他の簿記資格を持っている人にはお勧めのテキストです。

簿記初心者の方で独学するなら、できれば建設業経理士所持の方等の簿記に詳しい方にわからない箇所を聞く形で勉強したほうが心強いですね。

 

私の場合は日商簿記3級2級1級合格後 10年以上のブランクを経て、このパタ解きテキスト勉強のみで経理士及び事務士 3級2級1級に合格しました。

 

そういう意味で日商簿記資格をお持ちの方にはちょーお勧めなテキストです。

 

参考になればいいのですが、私の簿記資格取得の経歴としては下記の通りです。

太古の昔

日商簿記3級、2級 一発合格 (簿記学校に通う)

日商簿記3級、2級合格半年後

日商簿記1級 不合格 (簿記学校に通う。勉強不足を痛感しましたね。)

日商簿記1級 不合格半年後

日商簿記1級 合格 (同じ簿記学校に通う。何が出ても満点取れるぐらい勉強しました。)

 

はっきり言って1級と2級ではシャアのように3倍難しいです。(頭のデキによりますが (;^_^A )

 

日商1級簿記合格後10年位経過

パタ解きのみで建設業経理事務士3級2級    いっぱつ合格

 

日商簿記1級合格していますから、苦労はなかったですね

 

建設業経理事務士3級2級合格して1年後(まだ年一回の試験時)

パタ解きのみで建設業経理事務士1級 財務諸表論、原価計算   合格

 

とりあえず3科目受験申し込みはしたのですが、勉強は2科目に絞りました。

 

日商簿記1級のポテンシャルの高さをあらためて実感しましたね。

 

1級2科目合格後の1年後 (建設業経理士と変更)

パタ解きのみで経理士1級財務分析    合格

 

と言うように日商簿記型簿記資格を持っていればスムーズに建設業経理資格が取れてしまいます。

 

勉強時間もパタ解き1冊10時間~20時間ぐらいしかやっていません。(勉強キライなので)

 

ただし、簿記初心者には最初は独学はあまりお勧めしたくないですかね。

 

多分、勉強も中途半端になる可能性が高いし、基礎を間違って覚えてしまう可能性も考えられます。

 

そうなるとダラダラと長引き人生という時間の無駄遣いになってしまい、ただの簿記好きのおじさん、おばさんで終わってしまう可能性もあります。

 

資格は取らなければ意味がありませんからね。

 

WEB通信教育やネットスクールで十分という勇者はこちら

3級程度では自宅独学も十分可能と思いますが、簿記初心者だから教えてくれる先生は必要だが資格の学校行っている暇がないという方はWEB通信教育がよいかもしれませんね。

 

現在ではインターネットの普及で時間を気にせず勉強できると思います。

 

私は、インターネットが普及していないころの昔、通学コースで閲覧時間の決められたビデオ講座を受けていたことがあります。

 

そういう意味では今の受験生がうらやましいですねww

 

インターネット講師で十分という方はこちらが相性がいいかもしれません。

 

なんてったってパタ解き作っている学校ですからね。

ネットスクールWEBショップ

少しわかりづらいかもしれませんが、スマホの場合、ネットスクールWEBショップを開いてページ下部に講座案内があります。

建設業経理士

 

講師や切磋琢磨する友が必要という勇者はこちら

学校でしっかり勉強したい方はやっぱ通学した方がいいですかね

 

学校に行けばわからない個所はすぐ講師に聞け合格もぐっと近くなるでしょう。

 

また、ナルトとサスケのような生涯のよきライバルやゴンとキルアのような心の通うお友達もできるでしょう。

 

もしかしたら、性格は清楚で人懐っこく、素直で一途な千反田えるちゃんのような女性に一緒に問題を解いてほしいとお願いされることもあるかもしれませんww

または、学校の廊下の曲がり角で白馬にまたがったイケメン講師とぶつかり恋が始まる可能性もゼロではないでしょうwwww

 

おススメです。

 

私も日商簿記1級、2級、3級、行政書士は資格の学校に通学して資格を取りました。

 

私は、最初、税理士になりたくて大栄経理学院の通学コースで日商簿記の3級2級1級まで取りました。

(高卒なので税理士受験資格取得の為)

 

なつかしいなぁ~

 

でも、日商簿記1級の勉強し過ぎで数字見るのも嫌になってしまいましたwww

 

んで、その後行政書士になりました。

建設業経理士・建設業経理事務士の資格をお考えの方

私見ですが建設業経理士・建設業経理事務士はとてもマイナーな資格と思います。

 

建設会社へ就職を希望する学生さんや建設業経営者など 建設業経理士の資格がどうしても必要な方以外は、 最初は日商簿記を取得した方が商品売買業界、製造業界など 多くの会社の就職等に役立つと思います。

 

就職への武器とする方はまずは日商簿記3級、2級の基礎をしっかり学ぶという手もあります。

 

例えば日商簿記2級3級に合格すれば建設業経理士2級3級合格もすすすい~のすいと取れてしまいます。

 

1年で4つも資格が取れてしまうなんて夢のようですね。

 

どこへ行っても喜ばれるでしょう。

 

当事務にも建設業経理士2級資格所持のパート事務員が来てくださいましたが、歌って踊って喜びましたwww

 

このパート事務員さんは、以前勤めていた建設会社が公共工事を受注するため経営事項審査の点数をよくするために事務員に資格取得を使用例していたそうです。

 

どこの会社へ行っても喜ばれる資格それが簿記資格なのです。

 

資格は上手に使えば人生をバラ色に変えるツールとなります。

いろいろありますので自分に合った資格を探して人生を変えてみましょう。

 

いろいろな資格が探せるサイト

本気になったら大原♪資格・就職・公務員に強い

資格スクール大栄

資格の学校TAC

ネットスクールWEBショップ

少しわかりづらいかもしれませんが、スマホの場合、ネットスクールWEBショップを開いてページ下部に講座案内があります。

建設業経理士

 

建設業経理事務士3級資格検定試験サポートクラブ各もくじ

建設業経理事務士3級

建設業経理士,建設業経理事務士