スポンサードリンク




 

注 このサイトはちょっとふるい建設業経理士出題パターンと解き方 過去問題集&テキストの内容をもとに構成されている建設業経理事務士2級応援サイトです。

このサイト見ただけでは合格はできません。

テキスト勉強前の内容確認や予備知識習得にお使いください。

原価とは

工事原価を説明する前に原価とは大まかに言ってしまえば売上を上げるにかかった費用のことです。

 

経営における一定の給付とは売上のことですので売上にかかわらせて把握された財貨(材料等)または用役の給付(労働力)を貨幣価値的(お金)に表したものであるといっています。

 

 

建設業経営に係る原価、つまり売上を上げるためにかかった費用の種類には2種類あります。

 

注文してもらった建物を建てるためにかかった費用を工事原価

 

 

注文請けるまでにかかった広告代、事務員給与等の費用、販売費および一般管理費

 

の2種類となります。

 

ここで勉強するのは工事原価です。

 

工事原価の分類

発生形態別の分類とはどのような形で費用が発生したかということです。建設業会計上は4つに分類されています。

材料費 (材料を消費した場合)

労務費 (労働力を消費した場合)

外注費 (害虫に出した場合)

経費   (上記以外の消費)

 

工事との関連による分類

工事との関連による分類とはどの工事現場で発生したかということです。

 

工事直接費はたとえばこの費用(材料費・労務費・外注費・経費)はA工事で発生したといように確認できる費用をいい、その工事の直接の原価となります。

 

工事間接費は複数の工事現場で費やした費用なので、後々何らかの基準で費用を工事現場ごとに配賦します 。

 

原価はいろいろな費用が積み重なってできています。

 

整然と積み重なりを表示することによって誰でもわかる見やすい財務諸表が出来上がります。

 

積み重なりの図をよく覚え、理解しましょう。合格が近づきます。

 

 

非原価項目

非原価項目はこれを原価に入れてはマズイだろうという費用や損失です。

 

原価に入れてしまうと正しい工事原価が出ないので、会社を取り巻く利害関係者や経営者が正しい判断ができなくなってしまいます。

 

実務に役立てるときは注意してね。

 

スポンサードリンク



 

 

建設業経理士2級に挑戦する勇者に最適なおススメ勉強方法を選んでみました。

建設業経理士2級独学おススメテキストと勉強方法(学校)

私の建設業経理士資格取得おススメテキストと勉強方法(学校)です。

 

独学を選択した勇者はこちら

日商簿記1級持っている方なららくらくと、日商2級、事務士3級資格を所持しているのなら

ちょっと頑張ればこのテキスト1冊で自宅独学でも合格できるでしょう

(だけど勉強ちゃんとやりましょう。)

 

ネットスクールで十分という勇者はこちら

安く上げたいが講師も必要という方はこちらがいいかもしれません。

ネットスクールWEBショップ

 

講師やWEB通信教育がいいという勇者はこちら

教えてくれる先生は必要だが資格の学校行っている暇がないという方はWEB通信教育がよいかもしれませんね。

学校でしっかり勉強したい方はやっぱ通学した方がいいですかね。

資格の学校TAC

資格スクール大栄

 

学校に行けばわからない個所はすぐ講師に聞け合格もぐっと近くなるでしょう。

また、ナルトとサスケのような生涯のよきライバルやゴンとキルアのような心の通うお友達もできるでしょう。

おススメです。

私も日商簿記1級、2級、3級、行政書士は資格の学校に通学して資格を取りました。

私は、最初、税理士になりたくて大栄経理学院の通学コースで日商簿記の3級2級1級まで取りました(高卒なので税理士受験資格取得の為)

なつかしいなぁ~

 

建設業経理士の資格をお考えの方

私見ですが建設業経理士はとてもマイナーな資格と思います。

建設会社へ就職を希望する学生さんや建設業経営者など 建設業経理士の資格がどうしても必要な方以外は、 最初は日商簿記を取得した方が商品売買業界、製造業界など 多くの会社の就職等に役立つと思います。

 

就職への武器とする方はまずは日商簿記3級、2級の基礎をしっかり学びましょう。

 

資格は上手に使えば人生をバラ色に変えるツールとなります。

 

いろいろありますので自分に合った資格を探して人生を変えてみましょう。

 

いろいろな資格が探せるサイト

日商簿記ならネットスクール

資格講座のエル・エー

資格を取るなら!総合資格ナビ

資格の学校TAC<簿記検定>

ネットスクールWEBショップ

 

建設業経理士2級資格検定試験サポートクラブもくじ

①知りたい!建設業経理士2級は独学合格可能な簿記資格
②知りたい!建設業経理士2級の勉強方法と独学テキストと学校
③知りたい!建設業経理士2級の難易度や合格率、試験会場、試験日程日
④知りたい!建設業経理士2級のメリットと独学テキスト
⑤知りたい!建設業振興基金の登録建設業経理事務士2級と経営事項審査の関係
⑥建設業会計の基礎-建設業経理士2級サポートクラブ
⑦工事原価の基礎-建設業経理士2級サポートクラブ
⑧原価計算の基礎-建設業経理士2級サポートクラブ
⑨建設業会計の原価の流れ-建設業経理士2級サポートクラブ
⑩材料費の計算-建設業経理士2級サポートクラブ
⑪労務費の計算-建設業経理士2級サポートクラブ
⑫外注費の計算-建設業経理士2級サポートクラブ
⑬経費の計算-建設業経理士2級サポートクラブ
⑭工事間接費の基礎-建設業経理士2級サポートクラブ
⑮工事間接費の予定配賦-建設業経理士2級サポートクラブ
⑯部門費の配賦・部門費振替表-建設業経理士2級サポートクラブ
⑰部門費の予定配賦-建設業経理士2級サポートクラブ
⑱完成工事原価の計算・報告書-建設業経理士2級サポートクラブ
⑲工事収益の計上基準-建設業経理士2級サポートクラブ
⑳現金・預金と銀行勘定調整表-建設業経理士2級サポートクラブ
㉑その他の処理「返品」「値引き」「割引」「未成工事受入金」「仮払金と仮受金」-建設業経理事務士2級サポートクラブ
㉒有価証券の取引-建設業経理士2級サポートクラブ
㉓有価証券の分類と評価-建設業経理事務士2級サポートクラブ
㉔-1手形取引「割引手形」「裏書手形」等偶発債務の会計-建設業経理士2級サポートクラブ㉔-2その他の手形取引-建設業経理事務士2級サポートクラブ
㉕有形固定資産-建設業経理士2級サポートクラブ
㉖無形固定資産と繰延資産-建設業経理士2級サポートクラブ

 

まだまだ続く 乞うご期待!

 

スポンサードリンク