建設業経理士

建設業経理士サポートサイト

ようこそ、建設業資格に興味のある皆さん。このサイトは私が、合格した建設業経理士、建設機械施工技士の受験経験をもとにした建設業資格応援情報サイトです。

建設業系資格は、比較的受かりやすい資格で、建設業会社への就職にもダンゼン有利!スムーズに資格を取って、自分の人生と建設業界を盛り上げましょう皆さんの建設業資格合格を心からお祈り申し上げます。

(-人-)ミナサンガゴウカクシマスヨウニ


あしたのえがおのために♪

20代チャンス!資格で羽ばたく♪





舗装工、基礎工(土木工学一般)

舗装はアスファルト舗装とコンクリート舗装に分類される。

 

アスファルト舗装

アスファルトで結合した混合物の舗装
よく試験に出るからどこまでが舗装かを覚えよう

アスファルト舗装の構成(路盤までを舗装という)
表層 たわみに優れた 復元性を持つ
基層 たわみに優れた 復元性を持つ
路盤→上層路盤 下層路盤に分けて作られる
路床

路体

 

1舗装の構成と役割

アスファルト舗装の構成と役割

種類
表層  流動(摩耗)等に抵抗 雨水下部浸透防御
基層  路盤不陸を(整正)する 表層荷重分散
路盤   荷重さらに分散 上層 下層があり
路床     舗装の(支持)層

 

2舗装材料

 

3路盤・路床

 

4基層および表層部

表層(粗アスは表層につかえないと覚えよう)

 

5加熱アスファルト混合物の配合設計

 

 

6特殊な機能や構造を持つ舗装

材料別の分類

種類
半たわみ舗装 (耐久性)のある舗装
グースアスファルト舗装          ━
ロールドアスファルト舗装         ━
大粒径アスファルト舗装           ━
保水性舗装  保水機能で気化熱で(温度)上昇防ぐ

 

機能別の分類

種類
排水性舗装  雨水を速やかに排水 (騒音)低減効果あり
明色舗装   ━
滑り止め舗装  滑り止め効果
凍結抑制舗装  凍結抑制硬化
路面温度上昇抑制舗装  ━

 

構造別の分類

種類 テキスト見て説明、ポイント等の記入
サンドイッチ舗装工法
コンポジット舗装工法

 

コンクリート舗装

舗装はどこまでか覚えよう
コンクリート舗装の構成(路盤までを舗装という)
表層  コンクリート盤の合成によって面的に支持している
路盤  表層からの交通荷重を分散して路床に伝える

路床

 

1コンクリート版

荷重を受け止める最も重要な層。その表面は滑りにくく、摩耗の少ないものがよい。クラック発生防止ため一定の間隔に( 目地 )を設ける

 

2路盤

荷重を分散して 路床に伝える。 耐久性性がある材料を必要な厚さに締め固めて作る。

路盤の最上部に 耐水性及び 耐久性を向上する目的でアスファルト中間層を設けることがある

 

3路床

舗装の下厚さ ( 1 )mの部分をいう

盛土部→盛土仕上がり面より約( 1 )mの部分をいう
切土部→掘削した面より下約( 1 )mの部分をいう

 

4舗装の比較

種類 記入部分再確認
   コンクリート舗装   アスファルト舗装
舗設費  (安い)
構造特性  (軟弱地盤OK)
維持修繕  (ひび)・わだち修繕あり
トータルコスト
施工性
交通解放までの期間
滑り抵抗性
走行性  優れている
適用範囲
再生利用
耐流動・耐摩耗性  優れている

 

基礎工の分類

浅い基礎
直接基礎(フーチング基礎)原地盤利用。地盤改良行うもの

深い基礎
杭基礎
ケーソン基礎
特殊基礎

 

基礎形式と特徴

1直接基礎

直接基礎の 支持基盤は十分な強さと厚さが必要である。

 

2杭基礎

2-1 既製杭基礎・埋め込み杭基礎
杭基礎は 支持力の確実性、施工性、経済性などに優れ多くの基礎として採用

種類 テキストのポイントの記入
工法 工法の種類       長所       短所
打込み杭工法  打込む  杭の(品質)良い 施工容易 ( 管理 )簡単  うるさい
埋め込み杭工法  杭の中で掘る  杭品質良い 騒音小さい 近隣建物影響少  
場所打ち杭工法  穴の中で杭作る  騒音小 ( 大 )径杭可能  打込み工法に比べが( むずか )しい 排水必要

杭材質による分類

 

3ケーソン基礎

ケーソン基礎とは 中空の躯体を地上で作成し、中堀りを行いながら設置する基礎
オープンケーソン     地下水なし
ニューマチックケーソン 地下水あり

 

4特殊基礎

4-2地中連続壁基礎
止水性にも優れ( 土留 )壁としても施工されている。

 

基礎形式の選定条件

 

杭の支持力の測定

 

舗装工、基礎工(土木工学一般)暗記確認用テスト

 

 

舗装工、基礎工(土木工学一般)

舗装はアスファルト舗装とコンクリート舗装に分類される。

 

その前にちょっと休憩しましょう。 建設業経理士,建設業経理事務士


あしたのえがおのために♪

資格を武器に羽ばたこう♪



アスファルト舗装

アスファルトで結合した混合物の舗装
よく試験に出るからどこまでが舗装かを覚えよう

アスファルト舗装の構成(路盤までを舗装という)
表層 たわみに優れた 復元性を持つ
基層 たわみに優れた 復元性を持つ
路盤→上層路盤 下層路盤に分けて作られる
路床

路体

 

1舗装の構成と役割

アスファルト舗装の構成と役割

種類
表層  流動(  )等に抵抗 雨水下部浸透防御
基層  路盤不陸を(  )する 表層荷重分散
路盤   荷重さらに分散 上層 下層があり
路床     舗装の(  )層

 

2舗装材料

 

3路盤・路床

 

4基層および表層部

表層(粗アスは表層につかえないと覚えよう)

 

5加熱アスファルト混合物の配合設計

 

 

6特殊な機能や構造を持つ舗装

材料別の分類

種類
半たわみ舗装 (   )性のある舗装
グースアスファルト舗装          ━
ロールドアスファルト舗装         ━
大粒径アスファルト舗装           ━
保水性舗装  保水機能で気化熱で(  )上昇防ぐ

 

機能別の分類

種類
排水性舗装  雨水を速やかに排水 (  )低減効果あり
明色舗装   ━
滑り止め舗装  滑り止め効果
凍結抑制舗装  凍結抑制硬化
路面温度上昇抑制舗装  ━

 

構造別の分類

種類 テキスト見て説明、ポイント等の記入
サンドイッチ舗装工法
コンポジット舗装工法

 

コンクリート舗装

舗装はどこまでか覚えよう
コンクリート舗装の構成(路盤までを舗装という)
表層  コンクリート盤の合成によって面的に支持している
路盤  表層からの交通荷重を分散して路床に伝える

路床

 

1コンクリート版

荷重を受け止める最も重要な層。その表面は滑りにくく、摩耗の少ないものがよい。クラック発生防止ため一定の間隔に(    )を設ける

 

2路盤

荷重を分散して 路床に伝える。 耐久性性がある材料を必要な厚さに締め固めて作る。

路盤の最上部に 耐水性及び 耐久性を向上する目的でアスファルト中間層を設けることがある

 

3路床

舗装の下厚さ (   )mの部分をいう

盛土部→盛土仕上がり面より約(   )mの部分をいう

切土部→掘削した面より下約(   )mの部分をいう

 

4舗装の比較

種類 記入部分再確認
   コンクリート舗装   アスファルト舗装
舗設費  (  )
構造特性  (      )
維持修繕  (   )・わだち修繕あり
トータルコスト
施工性
交通解放までの期間
滑り抵抗性
走行性  優れている
適用範囲
再生利用
耐流動・耐摩耗性  優れている

基礎工の分類

浅い基礎
直接基礎(フーチング基礎)原地盤利用。地盤改良行うもの

深い基礎
杭基礎
ケーソン基礎
特殊基礎

 

基礎形式と特徴

1直接基礎

直接基礎の 支持基盤は十分な強さと厚さが必要である。

 

2杭基礎

2-1 既製杭基礎・埋め込み杭基礎
杭基礎は 支持力の確実性、施工性、経済性などに優れ多くの基礎として採用

種類 テキストのポイントの記入
工法 工法の種類       長所       短所
打込み杭工法  打込む  杭の(  )良い 施工容易 (    )簡単  うるさい
埋め込み杭工法  杭の中で掘る  杭品質良い 騒音小さい 近隣建物影響少  
場所打ち杭工法  穴の中で杭作る  騒音小 (   )径杭可能  打込み工法に比べが(    )しい 排水必要

杭材質による分類

 

3ケーソン基礎

ケーソン基礎とは 中空の躯体を地上で作成し、中堀りを行いながら設置する基礎
オープンケーソン     地下水なし
ニューマチックケーソン 地下水あり

 

4特殊基礎

4-2地中連続壁基礎
止水性にも優れ(   )壁としても施工されている。

 

基礎形式の選定条件

 

杭の支持力の測定


あしたのえがおのために♪

20代チャンス!資格で羽ばたく♪