建設業経理士

ようこそ、建設業資格に興味のある皆さん。

このサイトは私が、合格した建設業経理士、建設機械施工技士の受験経験をもとにした建設業資格応援情報サイトです。

建設業系資格は、比較的受かりやすい資格で、建設業会社への就職にもダンゼン有利!

スムーズに資格を取って、建設業界を盛り上げましょう

皆さんの建設業資格合格を心からお祈り申し上げます。

(-人-)ミナサンガゴウカクシマスヨウニ

資格はガッチリ稼ぐためへの近道です。

現在、多くの県で10年経験の専任技術者の要件確認資料不足で建設業許可がとりづらくなっています。

また、建設業従事者が減っているため国を挙げて若年含む建設業従事者を増やそうとしています。

(施工管理技士系資格の学科受験資格の撤廃もその一つです)

 

社長さん、事業主さんも建設業許可があればさらに建設業界で頑張っていけるという建設業者さんも多いです

建設業者にとって建設業許可は命です。

人形の顔より命でしょうwwww

これを回避するには資格を取りましょう。

例えば難易度が低い2級建設機械施工技士をとれば、建設業法上1業種10年の実務経験で単純計算で30年かかる3つの建設業許可(土木、とび、舗装)が建設業経営経験6年ですべて取れてしまいます。

勉強時間は1日1~2時間で1~2か月もあれば十分で30年もかける必要ありません。

 

建設業許可の専任技術者技術検定資格一覧

このサイトでは建設業許可が比較的とりやすくなる建設業法系の資格を中心にご紹介をしています。

 

土木一式工事許可の専任技術者になれる技術検定

1級土木施工管理技士

なれる専任技術者

土木一式 とび・土工コンクリート 石 鋼構造物 舗装 しゅんせつ 塗装 水道施設 解体※

※平成27年度までの1級土木施工管理技士合格者は、解体工事の技術者になれますが、平成33年3月31日までに解体工事に関する実務経験1年以上又は登録解体工事講習の受講が必要になります。

平成28年度以降の合格者は解体工事の技術者になれます。

難易度 高

近年特に難しくなっているといううわさがあります。

勉強時間がある方におススメです。

1級建設機械施工技士より多くの土木関連の専任技術者になれます。

詳しい試験情報はこちらを見てね♪→(一財)全国建設研修センター

合格率アップの研修制度の例→建設管理センター

 

2級土木施工管理技士(土木)

なれる専任技術者

土木一式 とび・土工コンクリート 石 鋼構造物 舗装 しゅんせつ 水道施設 解体※

※平成27年度までの2級土木施工管理技士合格者は、解体工事の技術者になれますが、平成33年3月31日までに解体工事実務経験1年以上又は登録解体工事講習の受講が必要。

平成28年度以降の合格者は解体工事の技術者になれます。

詳しい試験情報はこちらを見てね♪→(一社)日本建設機械施工協会

合格率アップの研修制度の例→建設管理センター

 

2級建設機械施工技士

なれる専任技術者

土木一式 とび・土工コンクリート 舗装 解体※

※平成27年度までの2級建設機械施工技士合格者は、解体工事の技術者になれますが、平成33年3月31日までに解体工事に関する実務経験1年以上又は登録解体工事講習の受講が必要になります。

平成28年度以降の建設機械施工技士合格者は解体工事の技術者になれません。

詳しい試験情報はこちらを見てね♪→(一社)日本建設機械施工協会
合格率アップの研修制度の例→建設管理センター

 

とび・土工工事許可の専任技術者になれる技術検定

2級建設機械施工技

なれる専任技術者

土木一式 とび・土工コンクリート 舗装 解体※

※平成27年度までの2級建設機械施工技士合格者は、解体工事の技術者になれますが、平成33年3月31日までに解体工事に関する実務経験1年以上又は登録解体工事講習の受講が必要になります。

平成28年度以降の建設機械施工技士合格者は解体工事の技術者になれません。

学科合格率 65%

実技合格率 90%

トータル難易度 低

学科申込 毎年3/4~4/4位

実地申込 毎年8月上旬から2週間位

学科試験日 6月中頃

実地試験日 8月下旬から9月中旬頃

学科合格発表 8月上旬

実地合格発表 11月下旬から12月中旬頃

おススメ資格です。

ハードルも低く、一通りの土木関連の専任技術者になれます。

2ちゃんねるにもスレッドが立っていますし、建設業者の旦那様の為に奥様が資格を取っているというケースもあります。

(あなたは女房の鑑ですwww)

話によるとそんな難しくなかったそうです。

あと、ちょっとお金はかかりますが合格率アップの研修制度もあります。

詳しい試験情報はこちらを見てね♪→(一社)日本建設機械施工協会

合格率アップの研修制度の例→建設管理センター

 

1級土木施工管理技

なれる専任技術者

土木一式 とび・土工コンクリート 石 鋼構造物 舗装 しゅんせつ 塗装 水道施設 解体※

※平成27年度までの1級土木施工管理技士合格者は、解体工事の技術者になれますが、平成33年3月31日までに解体工事に関する実務経験1年以上又は登録解体工事講習の受講が必要になります。

平成28年度以降の合格者は解体工事の技術者になれます。

難易度 高

近年特に難しくなっているといううわさがあります。

勉強時間がある方におススメです。

1級建設機械施工技士より多くの土木関連の専任技術者になれます。

詳しい試験情報はこちらを見てね♪→(一財)全国建設研修センター

合格率アップの研修制度の例→建設管理センター

 

2級土木施工管理技士(土木)

なれる専任技術者

土木一式 とび・土工コンクリート 石 鋼構造物 舗装 しゅんせつ 水道施設 解体※

※平成27年度までの2級土木施工管理技士(土木)合格者は、解体工事の技術者になれますが、平成33年3月31日までに解体工事に関する実務経験1年以上又は登録解体工事講習の受講が必要になります。

平成28年度以降の合格者は解体工事の技術者になれます。

合格率 40%

難易度 中

受験申込 毎年4/14~4/28位

学科・実地試験日 10月下旬頃

合格発表 2月上旬頃

近年特に難しくなっているといううわさがあります。

勉強時間がある方におススメです。

2級建設機械施工技士より多くの土木関連の専任技術者になれます。

あと、ちょっとお金はかかりますが合格率アップの研修制度もあります。

詳しい試験情報はこちらを見てね♪→(一財)全国建設研修センター
合格率アップの研修制度の例→建設管理センター

 

2級土木施工管理技士(薬液注入)

なれる専任技術者

とび・土工コンクリート

2級建築施工管理技士(躯体)

合格率 学科合格率65%位 実地合格率25%位

難易度 不明

受験申込 毎年4/14~4/28位

学科・実地試験日 10月下旬頃

合格発表 2月上旬頃

なれる専任技術者はとび土工の1つですがボリュームが少ないと思われます。

しかし、受験に薬液注入の実務経験が必要となります。

詳しい試験情報はこちらを見てね♪→(一財)全国建設研修センター
合格率アップの研修制度の例→建設管理センター

 

1級建築施工管理技士

なれる専任技術者

建築一式工事 大工工事 左官工事 とび・土工・コンクリート工事 石工事 屋根工事 タイル・れんが・ブロック工事 鋼構造物工事 鉄筋工事 板金工事 ガラス工事 塗装工事 防水工事 内装仕上工事 熱絶縁工事 建具工事 ※解体工事


※平成27年度までの1級建築施工管理技士合格者は、解体工事の技術者になれますが、平成33年3月31日までに解体工事に関する実務経験1年以上又は登録解体工事講習の受講が必要になります。

平成28年度以降の1級建築施工管理技士(建築)合格者は解体工事の技術者になれます。

合格率 1級学科40%実地40%

詳しい試験情報はこちらを見てね♪→(一財)建設業振興基金
合格率アップの研修制度の例→建設管理センター

 

2級建築施工管理技士(躯体)

なれる専任技術者

大工 とび・土工コンクリート タイル・レンガ 鋼構造物 鉄筋 ※解体

※平成27年度までの2級建築施工管理技士(躯体)合格者は、解体工事の技術者になれますが、平成33年3月31日までに解体工事に関する実務経験1年以上又は登録解体工事講習の受講が必要になります。

平成28年度以降の2級建築施工管理技士(躯体)合格者は解体工事の技術者になれます。

学科合格率 65%

実技合格率 90%

難易度 低

学科申込 毎年7/1~7/15位

学科・実地試験日 毎年11月中旬

合格発表2/5頃

建築関連の資格ですがとびの専任技術者になれます。

おススメ資格です。

とび土工工事のの専任技術者になれます。

あと、ちょっとお金はかかりますが合格率アップの研修制度もあります

詳しい試験情報はこちらを見てね♪→(一財)建設業振興基金
合格率アップの研修制度の例→建設管理センター

 

建築一式工事許可の専任技術者になれる技術検定

2級建築士

なれる専任技術者

建築一式 大工工事 屋根工事 タイルレンガ工事

詳しい試験情報はこちらを見てね♪→公益財団法人 建築技術教育普及センター

 

2級建築施工管理技士(建築)

なれる専任技術者

建築一式工事 ※解体工事


※平成27年度までの2級建築施工管理技士(建築)合格者は、解体工事の技術者になれますが、平成33年3月31日までに解体工事に関する実務経験1年以上又は登録解体工事講習の受講が必要になります。

平成28年度以降の2級建築施工管理技士(建築)合格者は解体工事の技術者になれます。

合格率 1級学科40%実地40%

合格率 2級学科50%実地35%

詳しい試験情報はこちらを見てね♪→(一財)建設業振興基金

合格率アップの研修制度の例→建設管理センター

 

1級建築施工管理技士

なれる専任技術者

建築一式工事 大工工事 左官工事 とび・土工・コンクリート工事 石工事 屋根工事 タイル・れんが・ブロック工事 鋼構造物工事 鉄筋工事 板金工事 ガラス工事 塗装工事 防水工事 内装仕上工事 熱絶縁工事 建具工事 ※解体工事


※平成27年度までの1級建築施工管理技士合格者は、解体工事の技術者になれますが、平成33年3月31日までに解体工事に関する実務経験1年以上又は登録解体工事講習の受講が必要になります。

平成28年度以降の1級建築施工管理技士合格者は解体工事の技術者になれます。

合格率 1級学科40%実地40%

詳しい試験情報はこちらを見てね♪→(一財)建設業振興基金
合格率アップの研修制度の例→建設管理センター

 

その前にCMタイム♪

建設業経理士,建設業経理事務士








大工工事許可の専任技術者になれる技術検定

2級建築施工管理技士(躯体)

なれる専任技術者

大工工事 とび・土工コンクリート工事 タイル・レンガ工事 鋼構造物工事 鉄筋工事 ※解体工事

※平成27年度までの2級建築施工管理技士(躯体)合格者は、解体工事の技術者になれますが、平成33年3月31日までに解体工事に関する実務経験1年以上又は登録解体工事講習の受講が必要になります。

平成28年度以降の2級建築施工管理技士(躯体)合格者は解体工事の技術者になれます。

詳しい試験情報はこちらを見てね♪→(一財)建設業振興基金
合格率アップの研修制度の例→建設管理センター

 

2級建築施工管理技士(仕上げ)

なれる専任技術者

大工工事  左官工事  屋根工事  タイル・レンガ工事  板金工事  ガラス工事  塗装工事  防水工事  内装工事  熱絶縁工事  建具工事  石工事


詳しい試験情報はこちらを見てね♪→(一財)建設業振興基金
合格率アップの研修制度の例→建設管理センター

 

2級建築士

なれる専任技術者

建築一式 大工工事 屋根工事 タイルレンガ工事

詳しい試験情報はこちらを見てね♪→公益財団法人 建築技術教育普及センター

 

木造建築士

なれる専任技術者

大工工事

詳しい試験情報はこちらを見てね♪→公益財団法人 建築技術教育普及センタ

 

解体工事許可の専任技術者になれる技術検定

1級土木施工管理技士

なれる専任技術者

土木一式 とび・土工コンクリート 石 鋼構造物 舗装 しゅんせつ 塗装 水道施設 解体※

※平成27年度までの2級土木施工管理技士合格者は、解体工事の技術者になれますが、平成33年3月31日までに解体工事に関する実務経験1年以上又は登録解体工事講習の受講が必要になります。

平成28年度以降の合格者は解体工事の技術者になれます。

難易度 高

近年特に難しくなっているといううわさがあります。

勉強時間がある方におススメです。

1級建設機械施工技士より多くの土木関連の専任技術者になれます。

詳しい試験情報はこちらを見てね♪→(一財)全国建設研修センター

合格率アップの研修制度の例→建設管理センター

 

2級土木施工管理技士(土木)

なれる専任技術者

土木一式 とび・土工コンクリート 石 鋼構造物 舗装 しゅんせつ 水道施設 解体※

※平成27年度までの2級土木施工管理技士合格者は、解体工事の技術者になれますが、平成33年3月31日までに解体工事に関する実務経験1年以上又は登録解体工事講習の受講が必要になります。

平成28年度以降の合格者は解体工事の技術者になれます。

合格率 40%

難易度 中

受験申込 毎年4/14~4/28位

学科・実地試験日 10月下旬頃

合格発表 2月上旬頃

近年特に難しくなっているといううわさがあります。

勉強時間がある方におススメです。

2級建設機械施工技士より多くの土木関連の専任技術者になれます。

あと、ちょっとお金はかかりますが合格率アップの研修制度もあります。

詳しい試験情報はこちらを見てね♪→(一財)全国建設研修センター
合格率アップの研修制度の例→建設管理センター

 

1級建築施工管理技士

なれる専任技術者

建築一式工事 大工工事 左官工事 とび・土工・コンクリート工事 石工事 屋根工事 タイル・れんが・ブロック工事 鋼構造物工事 鉄筋工事 板金工事 ガラス工事 塗装工事 防水工事 内装仕上工事 熱絶縁工事 建具工事 ※解体工事


※平成27年度までの2級建築施工管理技士(建築)合格者は、解体工事の技術者になれますが、平成33年3月31日までに解体工事に関する実務経験1年以上又は登録解体工事講習の受講が必要になります。

平成28年度以降の1級建築施工管理技士合格者は解体工事の技術者になれます。

合格率 1級学科40%実地40%

詳しい試験情報はこちらを見てね♪→(一財)建設業振興基金
合格率アップの研修制度の例→建設管理センター

 

2級建築施工管理技士(躯体)

なれる専任技術者

大工工事 とび・土工コンクリート工事 タイル・レンガ工事 鋼構造物工事 鉄筋工事 ※解体工事

※平成27年度までの2級建築施工管理技士(躯体)合格者は、解体工事の技術者になれますが、平成33年3月31日までに解体工事に関する実務経験1年以上又は登録解体工事講習の受講が必要になります。

平成28年度以降の2級建築施工管理技士(躯体)合格者は解体工事の技術者になれます。

詳しい試験情報はこちらを見てね♪→(一財)建設業振興基金
合格率アップの研修制度の例→建設管理センター

 

電気工事許可の専任技術者になれる技術検定

1級、2級電気工事施工管理技士

なれる専任技術者

電気工事

電気工事士合格率

一種学科45%実地60%

二種学科60%実地40%

詳しい試験情報はこちらを見てね♪→(一財)建設業振興基金施工管理技術検定
合格率アップの研修制度の例→建設管理センター

第2種電気工事士は合格後、3年間の実務経験が必要になります。

詳しい試験情報はこちらを見てね♪→(一財)電気技術者試験センター
合格率アップの研修制度の例→エネパス研修センター

 

電気主任技術者第1種、第2種、第3種

なれる専任技術者

電気工事

合格後、5年間の実務経験が必要になります。

第1種、第2種、第3種は合格後、5年間の実務経験が必要になります。

詳しい試験情報はこちらを見てね♪→(一財)電気技術者試験センター
合格率アップの研修制度の例→エネパス研修センター

 

建築設備士

なれる専任技術者

電気工事 管工事

合格後、1年間の実務経験が必要になります。合格率は20~30%

詳しい試験情報はこちらを見てね♪→公益財団法人 建築技術教育普及センター

 

1級計装士

なれる専任技術者

電気工事 管工事

合格後、1年間の実務経験が必要になります。合格率は60%

詳しい試験情報はこちらを見てね♪→一般社団法人日本計装工業会

 

管工事許可の専任技術者になれる技術検定

1級、2級管工事施工管理技士

なれる専任技術者

管工事

合格率 1級合格率学科40%実地60% 2級合格率学科55%実地40%

詳しい試験情報はこちらを見てね♪→(一財)全国建設研修センター
合格率アップの研修制度の例→建設管理センター

 

給水装置工事主任技術者

なれる専任技術者

管工事

給水装置工事主任技術者については合格後、5年間の実務経験が必要になります。合格率30%

詳しい試験情報はこちらを見てね♪→(公財)給水工事技術振興財団
合格率アップの研修制度の例→CIC日本建設情報センター

 

職業能力開発促進法による各検定

なれる専任技術者

管工事

・冷凍空気調和機器施工・空気調和設備配管(1級)
・冷凍空気調和機器施工・空気調和設備配管(2級) (合格後3年の実務経験)
・給排水衛生設備配管(1級)
・給排水衛生設備配管(2級) (合格後3年の実務経験)
・配管・配管工(1級)
・配管・配管工(2級) (合格後3年の実務経験)
・建築板金「ダクト板金作業」(1級)
・建築板金「ダクト板金作業」(2級) (合格後3年の実務経験)

 

建築設備士

なれる専任技術者

電気工事 管工事

合格後、1年間の実務経験が必要になります。合格率は20~30%

詳しい試験情報はこちらを見てね♪→公益財団法人 建築技術教育普及センター

 

1級計装士

なれる専任技術者

電気工事 管工事

合格後、1年間の実務経験が必要になります。合格率は60%

詳しい試験情報はこちらを見てね♪→一般社団法人日本計装工業会

 

鋼構造工事許可の専任技術者になれる技術検定

2級土木施工管理技士(土木)

なれる専任技術者

土木一式 とび・土工コンクリート 石 鋼構造物 舗装 しゅんせつ 水道施設 解体※

※平成27年度までの2級土木施工管理技士合格者は、解体工事の技術者になれますが、平成33年3月31日までに解体工事に関する実務経験1年以上又は登録解体工事講習の受講が必要になります。

平成28年度以降の合格者は解体工事の技術者になれます。

合格率 40%

難易度 中

受験申込 毎年4/14~4/28位

学科・実地試験日 10月下旬頃

合格発表 2月上旬頃

近年特に難しくなっているといううわさがあります。

勉強時間がある方におススメです。

2級建設機械施工技士より多くの土木関連の専任技術者になれます。

あと、ちょっとお金はかかりますが合格率アップの研修制度もあります。

詳しい試験情報はこちらを見てね♪→(一財)全国建設研修センター
合格率アップの研修制度の例→建設管理センター

 

1級建築施工管理技士

なれる専任技術者

建築一式工事 大工工事 左官工事 とび・土工・コンクリート工事 石工事 屋根工事 タイル・れんが・ブロック工事 鋼構造物工事 鉄筋工事 板金工事 ガラス工事 塗装工事 防水工事 内装仕上工事 熱絶縁工事 建具工事 ※解体工事


※平成27年度までの2級建築施工管理技士(建築)合格者は、解体工事の技術者になれますが、平成33年3月31日までに解体工事に関する実務経験1年以上又は登録解体工事講習の受講が必要になります。

平成28年度以降の1級建築施工管理技士合格者は解体工事の技術者になれます。

合格率 1級学科40%実地40%

詳しい試験情報はこちらを見てね♪→(一財)建設業振興基金

合格率アップの研修制度の例→建設管理センター

 

2級建築施工管理技士(躯体)

なれる専任技術者

大工工事 とび・土工コンクリート工事 タイル・レンガ工事 鋼構造物工事 鉄筋工事 ※解体工事

※平成27年度までの2級建築施工管理技士(躯体)合格者は、解体工事の技術者になれますが、平成33年3月31日までに解体工事に関する実務経験1年以上又は登録解体工事講習の受講が必要になります。

平成28年度以降の2級建築施工管理技士(躯体)合格者は解体工事の技術者になれます。

詳しい試験情報はこちらを見てね♪→(一財)建設業振興基金
合格率アップの研修制度の例→建設管理センター