建設業経理士










ようこそ、建設業経理資格に興味のある皆さん。

このサイトは私が、むか~しに独学合格した建設業経理士出題パターンと解き方 過去問題集&テキストを使い1級、2級、3級に独学合格した内容をもとにした建設業経理士応援情報サイトです。

当たり前ですが、このサイト見ただけでは合格はできませんww

独学勉強には良書だと思います。パタ解き購入前の内容確認や事前簿記知識習得にお使いください。

皆さんの建設業経理士合格を心からお祈り申し上げます。

(-人-)ミナサンガゴウカクシマスヨウニ










「建設業経理士」と「建設業経理事務士」って何?

建設業経理士と建設業経理事務士とは、ともに財団法人建設業振興基金が主催している建設業経営向けの簿記検定試験です。

(建設業にかかわる経理の資格です。)

 

1級、2級を建設業経理士と呼び

3級、4級を建設業経理事務士と呼びます。

 

資格者数(合格者数)

現在のこの資格保持者(合格者)の数は

1級建設業経理士   

合格者数 25388人   (私もこの中の一人です)

2級建設業経理士   

合格者数 299236人 (私もこの中の一人です)

3級建設業経理事務士 

合格者数 272124人 (私もこの中の一人です)

4級建設業経理事務士 

合格者数 201116人 (私受けていないので入っていません)

合計         797864人

 

というドッカンドッカン大人気の資格となっています。

(年2回試験合格者が出るので現在ではもっといるでしょう。)

 

でも日本の人口規模の1億2700万人からくらべたら資格保持者は0.0062%ですね。

 

絶滅危惧種動物並みにいないに等しいです。

 

もしかしたら、外来生物のミシシッピアカミミガメのほうが多いかもしれませんww

 

建設業経理士を見つけたら刺激することを避け、そっと見守り餌を与えることをお勧めいたします。

 

冗談はさておいて、

でも、へぇー、建設業専用に簿記会計があるのか!と思った方も多いでしょう。

 

建設業経営は

商品を仕入れて販売する形態の経営(商品売買業)や

物を製造し販売する形態の経営(製造業)とはちょっと異なる経営形態なのです。

 

 

ちなみに、実社会での商売形態は大まかに三つに分けられ、現在、各簿記資格がそれぞれに対応しています。

商品売買業(会計) ・・・日商簿記検定

製造業(会計) ・・・・・日商簿記検定

建設業(会計) ・・・・・建設業経理検定

 

特に建設工事は、

皆さんの税金を使う公共工事が関与してたり、工事売上の計上、工事原価の表記など、経営形態もちょっと違うし、みんなが見るものだからルール決めてもっと見やすくわかりやすくしたほうがいいんじゃね?

 

ということで昭和56年に最初は建設業経理事務士(経理士はまだなし)資格として産声をあげました。

 

平成6年にはその功績が認められたかどうかはわかりませんが、建設業経理事務士1~3級まで公共工事の参加のための通信簿、別名経営事項審査の加点対象にまで出世したのでした。

 

建設業経理資格は、他の商売形態とは異なる業界特有の経理知識を習得することにより適正な建設業経営に寄与してもらう目的で検定合格者に与えられるとってもエラ~イ資格なのです。

 

巷に業界は数ありますが、建設業界は人口全体の10%がかかわっている基幹産業とも言えます。

 

まだまだ、建設業経理資格保持者は不足しているというところでしょう。

 

ということで、建設業界に携わる人も携わる可能性のある人も建設業経理資格取得をお勧めします。

(他にもいろいろな簿記検定がありますが、ここでは認知度も高くメリットの多い日商簿記と建設業経理のみのご説明とさせていただきます)

 

建設業経理士・建設業経理事務士の違い(呼び名今昔)

ネットなどで調べるとわかりますが、建設業経理士も建設業経理事務士も同じ建設業振興基金が試験を行います。

 

なのに名称が2つあったり、年間の試験回数が違ったり、3級4級だけ特別講習があったりで違和感覚えた人もいると思います。

 

何名かYAHoo知恵袋に質問している人もいますね。

 

まぁ、簡単に言ったら大人の事情というものでしょうかwww

 

もしかしたら今、はやりの役人同士の忖度が働いているのかもしれませんwww

 

しかし、いろいろな資格名称を作り名乗らせ、おまけに登録講習を受けさせて国民を迷走させてまでも国民には忖度はしたくないようです。

 

昔は1級から3級まで建設業経理事務士と呼ばれており建設業経理士という呼び名は存在していませんでした。

(私も名称が建設業経理事務士の時に1級から3級まで取りました)

 

また、1級から3級まですべて経営事項審査という公共工事に参加するための建設業者の通信簿の加点対象でした。

 

しかし、国民が納得しないとっても甘~い汁を吸い続ける天下り先である特殊法人改革の一環の平成18年4月の法改正がありました。

 

建設業振興基金も、今後引き続き、建設業経理試験を行うためには、建設業振興基金自体も国土交通省への登録の申請が必要になり、1級、2級の建設業経理事務士の名前を手放して(発展解消というそうです)、1級、2級が建設業経理士と呼ばれようになりました。

 

建設業法施行規則18条の4に登録経理試験(建設業経理士)について記載がありますので、興味がある方は調べてみたらいいでしょう。

 

そして、第18条の6より建設業経理試験1級、2級に関する記述があります。

科目
内容
時間
一級
一 建設業の原価計算に関する科目
建設工事の施工前における見積り、積算段階における工事原価予測並びに発生原価の把握及び測定による工事原価管理に関する一般的事項
四時間三十分
二 建設業の財務諸表に関する科目
会計理論、会計基準及び建設業の計算書類の作成に関する一般的事項
三 建設業の財務分析に関する科目
財務諸表等を用いた建設業の経営分析に関する一般的事項
二級
一 建設業の原価計算に関する科目
建設工事の施工前における見積り、積算段階における工事原価予測並びに発生原価の把握及び測定による工事原価管理に関する概略的事項
二時間
二 建設業の財務諸表に関する科目
会計理論、会計基準及び建設業の計算書類の作成に関する概略的事項

 

3級の記述はありませんね。OTL

 

つまり3級は蚊帳の外になってしまったのです。

 

3級4級建設業経理事務士については法定外の建設業振興基金独自の資格となり、3級は残念ながら経営事項審査の加点対象から外されてしまいました。

 

この時代から1級2級建設業経理士と3級4級建設業経理事務士というややこしい2つの名前が存在することが始まってしまったのです。

 

土木施工管理技士、建設機械施工技士など建設業法の技術資格は2級からなのでそれに合わせた形なのでしょう。

 

現在、若年層を含む現場に携わる建設業従事者が減少している状況です。

 

そのため、国は若年層に受験しやすくするために技術系資格の学科試験のみは実務経験が不要としたり、年2回の学科試験を行っています。(実務試験は年1回)

 

技術系の資格も建設業経理事務士3級のように入門編のような資格を作ればもっと建設業界が活気づくと思うのは私だけでしょうか?

 

建設業振興基金のように法定の建設業経理試験の実施機関になるには国交省に登録が必要です。

3.登録経理試験の登録申請について

 

誰か登録経理実施機関として登録する勇者はいませんかww

 

登録経理試験の実施機関は平成18年から増えていませんね。

登録経理試験の実施機関一覧

 

きっととても難しい登録制度なのでしょう。

 

またはATフィールドか何か闇の力で守られているのでしょうか?

(本気にしないでね)

 










 

建設業経理士・建設業経理事務士の種類・メリット・就職先

現在、建設業経理士の登録経理試験を実施している機関は建設業振興基金のみで以下の検定を実施しています。

1級建設業経理士

メリット

5年以内に下記3科目に合格する必要があります。

財務諸表論  財務分析  建設業原価計算

 

日商簿記1級所持の方ならば少ない勉強時間で資格取得可能です。

 

私がそうでしたから何かの役に立つかもしれません。

 

暇がある人は暇つぶしにもなりますwww

 

資格を増やす意味でも、もったいないから取っておいたほうがいいでしょう。

 

テキスト代と受験料で3万円程度でレベルの高い資格がもう1つ増えるのならお安いもんです。

 

遊びたい盛りの学生さんには、ハードルの高い資格かもしれませんが、合格すれば就職のときに有利に働くことがメリットです。

 

学生さんで建設業経理事務士1級を取り、建設会社に就職をしたらきっとどんな人間かと、社長がドアをそっと少し開け覗き見ること間違いないでしょうww

 

でも、相当本腰入れて取り組まないと、資格がないまま、ただの建設業経理にくわしいおじさん、おばさんで終わってしまうかもしれませんwww

 

しかし、資格が手に入れば一躍あなたは建設業界のスターです。

 

廊下の真ん中をオーダーメイドのカノニコスーツを着て歌って踊って渡りましょうwww

 

公共工事を受注する建設業者についても相当のメリットがありますので、資格手当が付くと予想されます。

 

①監査の受審状況

1級クラス以上が自社勤務している場合、その資格者が自主監査を行った場合、w点が2点加点対象になります。

 

②二級以上の登録経理試験合格者の数

1級、2級登録経理試験合格者の数も加点対象になります。(自社勤務、社外はダメです)

 

ここの加点対象部分は売上げ規模によって点数が変わります。

 

例として売上1億円以上10億未満の建設業者さんちに1級が1名いますと10点満点中w点が8点もらえます。(2級の場合は6点もらえます)

 

簡単に言うと、売り上げ規模が多くなるほど1級、2級資格者を多く雇わなくては10点満点になりません。

 

1級は1ポイント付き、2級は0.4ポイントで2級の2.5倍点数が付きますが、3科目勉強でシャアのように3倍難しいですけど、w点計算では2点差というケースもあり、費用対効果がやや薄れていると考えます。(私見です)

 

この辺りの計算はややこしいので断腸の思いで割愛します。

 

大規模業者ほど本領発揮の資格でしょう。

 

就職先

大手大規模建設業者

地元の一流中小公共工事受注建設業者

手の足りない大手大規模建設業者

手の足りない地元の一流中小公共工事受注建設業者

中小規模建設業者

中小公共工事受注建設業者

建設業経営者のお嫁さん

 

検定情報

短期間で検定試験合格し、キャリアアップを目指す人ための合格応援勉強法ブログはこちら

見てくださいッ!(Vガンダム風)

2級建設業経理士

メリット

日商簿記2級所持ならば少ない勉強時間で資格取得可能となります。

 

1級より点数は下がるが経営事項審査の加点対象です。

 

売上1億円以上10億未満の建設業者さんちに2級が1名いますとw点10点満点中が6点もらえます。(1級の場合は8点もらえます)

 

こんな売上げ規模の業者さんも多いのでは?

 

1級の1/3の勉強時間以下の割には加点度合いもよくお得なお買い得検定試験です。

 

難易度、勉強時間の割にはお得な検定試験です。

 

絶対、日商簿記2級持っている方は挑戦しましょう。

 

学生さん、主婦等が合格すれば就職のときに有利に働くことでしょう。

 

私であれば喜んで採用しますけどね。

 

公共工事を請けていれば、資格手当を期待してもいいと思います。

 

中規模建設業者以下ならばこの資格で十分です。

 

就職先

猫の手も借りたい大手大規模建設業者

猫の手も借りたい地元の一流中小公共工事受注建設業者

中小規模建設業者

中小公共工事受注建設業者

建設業経営者のお嫁さん

 

検定情報

短期間で検定試験合格し、キャリアアップを目指す人ための合格応援勉強法ブログはこちら

見てくださいッ!(Vガンダム風)

3級建設業経理事務士 建設業振興基金独自の検定試験

メリット

2級よりさらに難易度が下がる建設業経理入門資格です。

 

小規模企業建設業者、個人建設業者はこの資格で十分と思います。

 

個人建設業者がこの資格取れば会計は自分でできるでしょう。

 

この資格があれば建設会社のトイレで堂々と大をしていいレベルだと私は思いますwww

 

学生さん、主婦等が合格すれば就職のときに何も資格がないよりマシと有利に働くことでしょう。

 

私であれば喜んで採用しますけどね。

 

資格手当がもらえたら、社長はいい人です。しっかり働きましょう。

 

中規模建設業者以下ならばこの資格で十分です。

 

就職先

猫の手も借りたい大手大規模建設業者

猫の手も借りたい地元の一流中小公共工事受注建設業者

中小規模建設業者

中小公共工事受注建設業者

建設業経営者のお嫁さん

 

検定試験情報

短期間で検定試験合格し、キャリアアップを目指す人ための合格応援勉強法ブログはこちら

見てくださいッ!(Vガンダム風)

4級建設業経理事務士 建設業振興基金独自の検定試験

メリット

 

認知度も低いので面接担当者もすごい資格と勘違いして採用してくれるかもしれません。

 

仕訳から決算まで会社経営に必要な一連の会計手続きを理解するらしいです。

(取引の仕分→総勘定元帳への転記→試算表の作成→精算表の作成→決算書の作成)

 

一連の流れを親切丁寧にわかりやすく教えてくれるそうなので手早く初歩的な簿記知識を習得したい人向けです。

 

思うとか、らしいとかしか書けないのは私が4級建設業経理事務士があること自体知らなかったですし、4級勉強してないので今でも全く謎のままです。

 

楽天でもテキストは全く売っていないようですから、建設業振興基金が行う特別研修を受ける必要がありそうです。

 

資格手当がもらえたら、社長はいい人です。しっかり働きましょう。つかなくても恨んではいけません。

就職先

猫の手も借りたい大手大規模建設業者

猫の手も借りたい地元の一流中小公共工事受注建設業者

中小規模建設業者

中小公共工事受注建設業者

建設業経営者のお嫁さん

 

検定情報

難易度

簿記の必要性から仕組みまでを理解できる資格です。 難易度

 

乗り物の運転に例えると幼児が乗るキコキコペダルカーに乗っているというところでしょうか。

 

認知度も低いので面接担当者もすごい資格と勘違いして採用してくれるかもしれません。

 

この資格があれば建設会社で息をしていいレベルだと私は思いますwww

 

出題内容・程度

ほんとに初歩的な建設業簿記を理解しているぐらいの問題が出るようです。

 

受験資格

受験資格はありません。

資格の取り方
①検定に合格する

年1回3月に行っている建設業経理事務士検定に合格しましょう。

 

でもテキスト見当たりません。

 

②特別研修を受け合格する 4級は2日間

特別研修講習と検定試験を組み合わせ実施される検定試験です。

 

受験資格は4級建設業経理事務士資格者

(4級資格ない方でも、同一年度で4級・3級を同時に受ける方はについては同時申込みは可能です。4級が不合格時には、やさしいので3級受講料を返金してくれます。(事務手数料は差っ引かれ為替にて))

 

定員に余裕がある会場は、講習開始の約2週間前まで受付を行っているという太っ腹な神対応をしてくれています。

 

合格率は高いかもしれませんが、社会人が2日間も時間を取られるのはちとキツイかもしれませんね。

 

簿記の必要性から複式簿記の仕組みの一連の流れを親切で丁寧な講義によりわかりやすく、お教えてくれます。
<取引の仕訳> → <総勘定元帳への転記> → <試算表の作成> → <精算表の作成> →< 決算書の作成>

 

合格率
検定試験
実施回 第31回 第32回 第33回 第34回 第35回 第36回
受験者 197 174 207 242 232 260
合格者 160 131 158 184 179 199
合格率 81.20 75.30 76.30 76.00 77.20 76.50

合格率がとても高いですね。

 

けっして難しい試験でないことがわかるかと思います。

特別研修

丁寧な講義によりわかりやすく、お教えてくれるそうなので93.4%という驚異的な数字をたたき出しています。

 

こういう研修は講習中にさりげなく出題問題を教えてくれたりするものです。お金で資格を買うようなものです。大いに活用しましょうwww

 

試験会場(受験地)
検定試験

安心してください。はいて・・・・でなくて、試験会場は全国47都道府県で行います。

 

他の建設業関連の資格試験の受験地が東京、名古屋等に制限されていることに比べれば、とっても良心的ですね。

 

建設業振興基金さんありがとう♪

 

受験地一覧

北海道  札幌

東北     青森 盛岡 仙台 秋田 山形 福島

関東     水戸 宇都宮 前橋 上尾 千葉 東京 藤沢(神奈川)

中部     新潟 富山 金沢 福井 甲府 松本(長野) 岐阜 静岡 名古屋

関西     津 大津 京都 大阪 神戸 奈良 和歌山

中国     倉吉(鳥取) 松江 岡山 広島 山口

四国     徳島 高松 松山 高知

九州   福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島

沖縄   沖縄

特別研修

年間通して日本中いたるところで特別研修をしています。

 

試験日日程

建設業経理事務士4級検定試験については

 

上期試験(3月)

 

のみの年1回となります。

 

特別研修は年間通して日本中いたるところで研修をしています。

受験料

2級受講        21190円

 

※受講料にはテキスト代が含まれていますが、昼食代は含まれてないようです。

 

これで合格し、資格手当が毎月5000円以上ついたら社長に感謝しましょう。つかなくても恨んではいけません。

 

経営事項審査受審建設業者さんへの参考までに

建設業進行基金の登録建設業経理士制度について

1級・2級建設業経理士の資格を持っていてお金を払って講習受けて建設業振興基金に登録すれば超すーぱうるとらすぺしゃりすとデリシャス遊星ゴールデンスペシャルリザーブゴージャスアフターケアーキッド28号実務者と称号を名乗れる制度ということです。

 

ちなみに称号を検索してみると しょうごう→(すぐれたものとしての)呼び名と出てました。

 

登録建設業経理士制度への建設業振興基金の力の入れようがよくわかりますね。

 

しょうごう→(すぐれたものとしての)呼び名=チャンピオンということでしょうか。

 

難易度も低く合格率の高いこの試験でついでに15430円という登録料で5年間もチャンピオン気分が味わえるならお安いのかもしれませんww

 

どうやらホームページ見ると国交省からの通知で建設業経理業界盛上げ役を任されたようです。

 

http://www.kensetsu-kikin.or.jp/kenkyu/touroku_keirishi.html

↑新サイトになって消えてしまいました。

過去サイトが見れるサイトはこちら→https://archive.org/web/

pdfがありましたww→「登録建設業経理士」制度について 

 

ちなみに

 

経営事項審査書類の二級登録経理試験合格者の意味 → 登録経理試験実施機関の試験合格者という意味

 

建設業進行基金の登録建設業経理士の意味     → 講習等うけて建設業振興基金に登録という意味

 

です。

 

でも、どちらも登録や経理という文言が入っていてややこしいですね。

 

建設業振興基金の登録建設業経理士制度は経営事項審査を受けている建設業者からしたら「建設業経理士試験合格しても講習受けて登録しなくては加点対象でないのかな?」と、紛らわしくしている部分がミソなのでしょうか、(JAROに電話しないでねww)

 

実際、県の経営事項審査手引書には建設業経理士の注意事項として

「登録建設業経理士」として登録がされていなくても、一級及び二級登録経理試験に合格していれば、加点の対象となります。

 

と書かれています。(心配になって問い合わせをする人が少なからずいるのでしょう。)

 

ただし、建設業振興基金の講習内容は充実してそうですのでスキルアップのために受けていてもいいかもしれませんね。

 

特に建設業経理士1級は経営事項審査で自主監査という部分でも別ポイントがもらえます。

経営事項審査の改正に伴う経理士等の評価

 

「うおー!さすがお金払って受講登録しただけでこんなにポイントつくのかー」というほどではありませんが高度な自主監査の手法が教えてもらえると思います(多分)

(めちゃくちゃ忙しい仕事がひと段落したら私も登録講習行こうと思っています。)

 

ブログではアホなこと書いていますがホントは建設業経理士資格大好きなんですよwww

 

ただ、建設業振興基金の登録講習受けなくても、頑張って資格取った建設業経理士1級資格者が経営事項審査のために自主監査すれば加点になるので、登録講習の必要性はいま一つ薄いと言えるでしょうか。

 

今のところ登録をしたからといって経営事項審査の追加の加点対象ではありませんが、建設業界は講習や登録だらけです。

 

国交省の考え方だと今後はなんだかんだと経営事項審査の追加の加点対象になるのかも知れません。

(経審の技術資格ですと資格持って講習受講で加点っていうのありますからね)

 

いつの時代も役人は平民からお金を巻き上げるのですwww

 

それでも難易度や合格率から見てもとってもお得な資格それが建設業経理士2級なのです。