建設業経理士

ようこそ、建設業資格に興味のある皆さん。

このサイトは私が、合格した建設業経理士、建設機械施工技士に合格した内容をもとにした建設業資格応援情報サイトです。

建設業系資格は、比較的受かりやすい資格で、建設業会社への就職にもダンゼン有利!

スムーズに資格を取って、建設業界を盛り上げましょう

皆さんの建設業資格合格を心からお祈り申し上げます。

(-人-)ミナサンガゴウカクシマスヨウニ







建設業経理士2級と経営事項審査

建設業経理士2級以上の資格は公共工事受注の為の経営事項審査の加点対象です。

 

経営事項審査とは、公共工事を請けたい建設業者が必ず受ける審査のことです。

 

建設会社の経営条項を点数化していき、入札のランク付けに使われるとっても重要な、学生で言えば通信簿みたいなものです。

 

建設業経理事務士2級はそんな難しくない検定試験なのに意外と2級資格のいない公共工事受注業者も多いです。

 

経営事項審査の点数アップには、社会保険や職員の福利厚生等,お金をかければ点数アップする項目が多くあります。

 

どこの建設業者さんもお金をかけずに勉強という努力をして点数アップをはかるということはしたくないようです。(仕事もあるし、気持ちはわかります。)

 

まずは下記サイトで、ライバル業者が1級、2級建設業経理士を持っているか調べてみしょう。

 

ユーレット経審

 

よい子のユーレット経審の楽しい使い方

①まずは詳細検索をクリックしよう

②働きたい都道府県に県名を入れよう

③働きたい市区町村にも入れよう

④絞り込み検索で企業名を表示させよう

⑤売上順に並んでいるから働きたい企業名をクリックしよう

⑥一番直近の〇〇年〇月〇日審査タブをクリックだ!

⑦下部の二級登録経理試験合格者の数がゼロ又は少ない建設業者があなたを求めている職場だよ♪

(ちなみに公認会計士等の数とは1級以上(公認会計士、税理士のたまご)の資格者をいう)

意外と少ないことがわかると思います。

 

登録建設業経理士2級と経営事項審査の関係

建設業振興基金の登録建設業経理士制度について

これは、1級・2級建設業経理士の資格を持っていてお金を払って建設業振興基金の講習受けて建設業振興基金に登録すれば

 

超すーぱうるとらすぺしゃりすとデリシャス遊星ゴールデンスペシャルリザーブゴージャスアフターケアーキッド28号実務者と称号を名乗れる制度ということです(建設業振興基金サイトより)

 

ちなみに称号を検索してみると しょうごう→(すぐれたものとしての)呼び名と出てました

 

登録建設業経理士制度への建設業振興基金の力の入れようがよくわかりますね。

 

しょうごう→(すぐれたものとしての)呼び名=チャンピオンということでしょうか

 

15430円という登録料で5年間もチャンピオン気分が味わえるならお安いのかもしれませんww

 

どうやら国交省からの通知で建設業経理業界盛上げ役を任されたようです。

pdfがありました→「登録建設業経理士」制度について 

 

経営事項審査の建設業経理士2級について

結論から言いますと、建設業経理士2級を持っていれば、建設業振興基金の登録講習受講していなくても経営事項審査の加点対象です。(あー、ややこしい)

 

経営事項審査の書類を見てみましょう。

 

経営事項審査書類の二級登録経理試験合格者の意味は

登録経理試験実施機関の試験合格者という意味

 

 

建設業振興基金の登録建設業経理士の意味

講習等うけて建設業振興基金に登録という意味

 

です。

 

ただし、建設業振興基金の講習内容事態は充実してそうですので受けていてもいいかもしれません。

 

特に一級建設業経理士は経営事項審査で自主監査という部分でも別ポイントがもらえます。

 

高度な自主監査の手法が教えてもらえると思います(多分)

 

(仕事がひと段落したら私も登録講習行こうと思っています)

 

ブログではアホなこと書いていますがホントは建設業経理士資格大好きなんですよwwww

 

しかし、どちらも登録や経理という文言が入っていてややこしいですよね。

 

建設業振興基金の登録建設業経理士制度は経営事項審査を受けている建設業者からしたら

 

「建設業経理士試験合格しても講習受けて登録しなくては加点対象でないのかな?とりあえず受けとこ」

 

と、紛らわしくしている部分がミソなのでしょうか、(JAROに電話しないでねww)

 

実際、県の経営事項審査手引書には建設業経理士の注意事項として

 

「登録建設業経理士」として登録がされていなくても、一級及び二級登録経理試験に合格していれば、加点の対象となります。

 

と書かれています。(心配になって問い合わせをする人が少なからずいるのでしょう。)

 

今のところ登録をしたからといって経営事項審査の加点対象ではありませんが、建設業界はうんざりするほどの講習や登録だらけです。

 

もしかしたら国交省の考えだと今後はなんだかんだと経営事項審査の追加の加点対象になるのかも知れません。

 

(設技術資格ですと資格持って講習受講で加点っていうのありますからね)

 

いつの時代も役人は平民からお金を巻き上げるのですwww

 

 










建設業経理士おススメテキストと勉強方法(学校)

建設業経理士に挑戦する勇者に最適なおススメ勉強方法を経験者の私が選んでみました。

独学を選択した勇者はこちら

独学おすすめな人は他の簿記資格を持っている方です。

簿記1級をすでにお持ちの方

日商簿記1級を持ってる人であれば建設業経理士1級試験の出題範囲はほぼカバーして勉強しているはずですからさして勉強で問題ないと思います。

簿記1級2級3級、建設業経理事務士3級をすでにお持ちの方

日商簿記1級持っている方なららくらくと、下位資格所持であれば頑張ればこのテキスト1冊で自宅の独学でも合格できるでしょう。(だけど勉強ちゃんとやりましょう)

私の場合、日商簿記3級2級1級合格後 10年以上のブランクを経て、このパタ解きテキスト勉強のみで建設業経理資格3級2級1級に合格しました。

そういう意味で日商簿記資格をお持ちの方にはちょーお勧めなテキストです。

簿記初心者は独学がいいのかスクールがいいのか?

簿記の初心者に限らず、今後の目標により独学がいいのか、資格の学校に通うのがいいのか変わってくるのではないでしょうか。

もし、資格取得という結果を早く出すのであればダンゼン資格スクールをお勧めします。

就職への武器としたり、会社での経理のエキスパートを目指すようであれば何度も落ちて時間や出世のチャンスを無駄にしないように学校を上手に利用し資格を取ることもありでしょう。授業料がかかりますがこれは自己投資なのです。

(私は日商簿記1級と行政書士の資格はこちらを選びました)

でも、クラスでも優秀だった人、暇な資格マニアの資格集めのためや、社長命令なのに講座費用も出してくれないのでいやいや2級までの勉強をするのであれば独学で何度も落ちるのもありだと思います。(インターネットで何度も落ちてそういう相談してる人いますよね)

必ずしも独学で取れないとは言いませんが自己投資するお金をケチり何年もの間合格できず人生という時間を無駄にしないようにしましょう。

日商簿記合格こぼれ話
私はお馬鹿高校出身で日商簿記1級は必死に勉強し2回目で合格しました。

ところが同じ地元の二番目に優秀な高校出身の女性が同じ講座学校に通い私が合格した1級試験に一回で合格しました。

やっぱり頭の出来具合を見せつけられました。なので優秀な人は独学でも行けるかと思いますww

2級から受けた方がいいのか3級から受けた方がいいのか

建設業経理事務士3級は平成18年に民間資格になってしまいました。会社の通信簿となる経営事項審査の加点対象となるには建設業経理士2級以上の資格が必要となります。なので、建設簿記の需要としては3級より2級の方があると言わざるを得ません。

そのような状況を踏まえ、どこの資格スクールでは3級の基礎知識勉強も含めた比較的廉価な3級から学ぶ2級合格コースを設定しています。

簿記初心者であれば上記コースか独学者であれば迷わず3級テキストから勉強してください。3級の知識なしで2級テキストは理解できないはずです。(2級テキストは3級の知識を基に構成されています)

簿記資格保持者などで独学に自信がないようであれば上記コースのある資格の学校を利用するのもいいかと思います。 忘れていた箇所や間違って覚えていた場所などを再認識させてくれるのではないでしょうか 。

 

どちらにしろ本人の資格を取るぞ!というやる気が一番大事です。

いつ頃から試験勉強した方がいいのか

建設業経理士試験は申し込みから試験日まで 4ヶ月近くある気の長~い試験です。が、仕事をお持ちの方などなかなか時間を取れないケースもあるかと思います。

資格の勉強の全般に言えることですが早ければ早い方がいいです。 早いうちからどんどん勉強してしまいましょう。

ビデオ講座などで授業を先に見せてもらえるなら先に見せてもらうのも手です。

時間の余裕は心の余裕にそして勉強の余裕につながります。

試験までに時間があれば自分の問題点をどんどん改善できますからね。

「もう少し時間があったらあれもこれも勉強できて合格していた。」などと悔やまないようにしましょう。

遅くても、建設業経理検定申込スタート時には勉強始める気でいましょう。

それが合格への近道になります。

講資格スクールでの切磋琢磨する友が必要という勇者はこちら

簿記初心者で学校でしっかり勉強したい方はやっぱり通学した方がいいですね。

学校に行けばわからない個所はすぐ講師に聞け合格もぐっと近くなるでしょう。

 

学生気分をもう一度味わいたい人もいいかもしれませんね。

ナルトとサスケのような生涯のよきライバルやゴンとキルアのような心の通う親友もできるでしょう。

もしかしたら、性格は清楚で人懐っこく、素直で一途な千反田えるちゃんのような女性に一緒に問題を解いてほしいとお願いされることもあるかもしれません。

(アニメ好きな主婦事務員の趣味ですww)

 

ワクワクドキドキしてきましたねww   

おススメです。

 

このワクワクドキドキ感が建設業経理士合格に導くのです。

 

私も日商簿記1級、2級、3級、行政書士は資格の学校に通学して資格を取りました。

 

難易度・合格率なんて関係なし合格率アップの講座案内

下記はおバカな私が、実際に利用し、資格を取るのに使わせていただいた資格スクールや教材です。

スクールに関しては、通学コースやwebコース、3級から学ぶ2級合格コースなどありますので生活スタイルに合わせ選んでみましょう。

大原・大栄・TAC・ネットスクール

通学コースで行政書士を取りました。

本気になったら大原♪資格・就職・公務員に強い

 

通学コースで日商簿記1級までとりました。

資格スクール大栄

 

学校が近くになく、過去問教材でとってもお世話になりました。

資格の学校TAC

 

建設業経理士教材でお世話になりました。

ネットスクールWEBショップ

スマホの場合、ネットスクールWEBショップを開いてページ下部に講座案内があります。

建設業経理士

 

 

お疲れさまでした。少し休憩しましょう。他に知りたいことあったらもくじで確認してね♪

建設業経理士










建設業経理士2級資格検定試験サポートクラブもくじ